ペット葬儀

ペット葬儀

1 大好きなペットとの別れ

みなさんも一度はペットを飼いたいと思ったことはあると思います。「ペットを飼う」ということは、「命を預かる」にも等しい行為です大げさだと思った人はペットを飼った事がない人か心無い人の考えでしょう。今ペットを飼っている人、飼っていた人は想像してみてください、大切なペットがなくなってしまったら、あなたはどうなってしまいますか。

今まで家族の一員として一緒に過ごしてきた時間が長ければ長いほど、飼い主のあなたの悲しみはとても大きいものとなるでしょう。中には悲しみのあまりペットロス症候群と呼ばれる症状に苦しまれる方もいるそうです。実際に、その人の心のケアを行なうところもあるそうです。管理人も犬を亡くしたことがあります。ペットロス症候群にはなりませんでしたが、そのときの気持ちは、起こっていることが良く分からない、でした。

大切なペットとの別れは必ずやってきます。いつか分かれのときが来るとは覚悟していても、やはり大勢の方は悲しみに襲われるのです。今までいるのが普通だったら、なおさらその事実を受け入れるのはつらくなるでしょう。

中には「ペットが死んだぐらいで・・」という反応をする人もいるかもしれません。しかし、ペットの心の中の位置づけというのは飼い主によってさまざまなのです。家族の一員、兄弟、心の支え、親友など人間と動物、関係なく飼い主にとってはかけがえのない存在なのです。

そんな人々の悲しみを少しでも和らげるために「ペット葬儀」というものがあります。

2 ペットの葬儀

ペットの葬儀を行なうときには、ペットの葬儀を行なっている方にお願いしましょう。特に首都圏内なら、ペットの葬儀社はかなりの数があります。パソコンを持っている方なら、「ペット 葬儀」と入れて検索してみましょう。

ペットを最期の時まできちんとお世話してあげて、供養することが、ペットへの感謝となります。大好きなペットに「今までありがとう」という感謝の気持ちを伝えることが、飼い主様の心の傷を癒していくきっかけとなってくれるでしょう。そんなペットのお葬式が「ペット葬儀」と言います。ペット葬儀は、最近になり増えてきて、土葬、火葬などの方法で埋葬されるそうです。人によっては、「たかがペットに葬儀なんて・・」と思うかもしれません。

しかし、家族の一員と感じている人ほど、悲しみは深いものです。誰かが死んでしまった場合は、葬儀を行ないまよね。それは、葬儀は死者を成仏させることだけではなく、悲しみなどの決別のためにも行なわれているのです。東京や大阪、埼玉に限らず葬儀会社は全国にあるため、葬儀をお願いした経験を持つ方もいらっしゃるでしょう。最近では、ペットの葬儀を行なった後、ペットのお墓を立てるわけですが、ペットと一緒に入れる墓というものもあります。ここまで聞けば、その人たちが、どんな思いで、ペットと暮らしてきたか分かるでしょう。

ペットの葬儀後に一緒に墓に入ることは、お寺ではほとんど不可能です。でも、人間のお墓に動物を入れることは法律的にも問題ありません。しかし、一緒に暮らしていた家族は良いと思っても、親族にとっては嫌なことかもしれません。そのことで、親族とトラブルになったという話もチラホラ聞きます。ご家族でよく話し合い、親族や墓地の管理者の承諾を得ておいた方が良いでしょう。

注目サイト

Tシャツ作成

中野で評判の良い皮膚科

カーテン デザイン

携帯買取・Iphone買取・白ロム携帯買取大阪No1

ご意見・ご感想